貧血とコーヒーは関係があるのか?

女性に多い貧血、これを読んでいるあなたも、貧血に悩んでいるのではないでしょうか。女性は生理があるので、どうしても鉄分不足になりがちです。

私自身も学生の頃から献血に行くと比重不足で献血できなかったり、すぐ立ちくらみをしたり、病院に行けば治療が必要なくらいひどい貧血と言われたりしてきました。

毎日の食生活に気をつけていても、貧血はなかなか厄介で、鉄分が不足してしまうと、動悸や息切れ、めまいなど体の不調につながってしまいます。

私も原因不明の動悸に悩まされたことがあり、病院で「栄養不足」と言われました。

今では数年に1度、病院の薬でテコ入れをしています。

そこで、今回は貧血とコーヒーの関係性について考えてみたいと思います。

 

コーヒーを飲むと貧血になるのか

結論からいうと、YESでもあり、NOでもあります。

「え・・・・、答えになっていないのでは?」という答えが聞こえてきそうですが、要は、飲みすぎると貧血の心配が出てくる、でも、飲みすぎなければそれほど心配しなくてもよい、ということです。

何事も程度が肝心。

貧血が心配な方は、飲み過ぎ注意ということです。

では、コーヒーを飲みすぎるとどうして貧血になってしまうのでしょうか。

 

コーヒーを飲みすぎるとなぜ貧血になるのか

それは、コーヒーに含まれる「タンニン」という成分の影響によるものです。タンニンは健康に良いとされるポリフェノールの一種ではありますが、鉄分との相性はあまり良くありません。

タンニンは体に取り込んだ鉄分の吸収を邪魔してしまいます。

このタンニンのせいで、鉄分が体に十分に吸収されなくなってしまいます。

なので、コーヒーをどんどん飲めば飲むほど、体は鉄分不足になってしまう、というわけです。

ですが、ちょっとした休憩タイムに食後に・・・とコーヒーが好きな方はたくさんいると思います。

では次に、コーヒーを飲むベストなタイミングについて考えてみたいと思います。

 

コーヒーはいつ飲むのが良いのか

それは、ズバリ、「食後30分程度たったあと」になります。

これくらい時間を開ければ、鉄分の吸収の邪魔になることをあまり心配しなくても良いようです。

ただし、30分以上たったからと言って、飲み過ぎには注意したほうが良さそうです。

それでも、どうしても、貧血の影響が心配という方は代替えコーヒーを飲むのも良いと思います。

では、代替えコーヒーにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

代替えコーヒーってどんなもの?

おそらく、一番有名なのが、「たんぽぽコーヒー」ではないでしょうか。

たんぽぽコーヒーはたんぽぽの根から作られたコーヒーで、含まれているタンニンはごく僅かです。

その他に、穀物コーヒーというのもあります、私はもっぱら穀物コーヒーを愛用していて、アイハーブという海外のストアから購入しています。

 

まとめ

私は以前、幼稚園で働いていて、保育が終わったあと職員で落としたコーヒーを飲むのが楽しみでした。

1日にの保育を終えて、保育室の掃除をしている頃に漂ってくるコーヒーの香りに癒やされたものです。

コーヒーの香りに癒やしを感じる方も多いのではないでしょうか。

体の不調を感じるようになってからは、禁コーヒーをしてみたり、1日1杯だけと決めてみたりしていましたが、厳しいルールは心にはあまり良くないと思い、上手に付き合いながらコーヒーを楽しみたいと思っています。

 

 

アルガンオイルの肌への効果は?

毎日のお肌のケア、気を使いますよね。季節によって、乾燥したり、油っぽくなったり、シワやシミ、くすみ、お肌のトラブルとの付き合い方はなかなか難しいものがあります。自分に合ったスキンケアを見つけるのにも一苦労ですよね。買ってみたはいいけど、思ったような効果がなかったなんてことも。あれこれお肌に心配な成分が入っていなくて、それでいて効果が高くて、お値段も手頃であればなお最高です。そこで、もう何度もリピートして使っている、栄養価が高くて、効果抜群、そしてお値段もお手頃なアルガンオイルについて書きたいと思います。お肌がふっくらして、ベタつかないので、使いやすいですよ。

 

アルガンオイルのお肌の効果

アルガンオイルはモロッコに生育するアルガンの樹になる実からとったオイルで、なんと、100キロの実から2、3リットルしか取れないそうです。

その栄養成分はビタミンE、必須脂肪酸、タンパク質がとても多く含まれています。

そのため、お肌の明るさがアップしたり、ふっくらと質のよいお肌に仕上げてくれます。

ビタミンEのお肌への効果

ビタミンEは抗酸化作用に優れています。そのため、お肌の老化現象に効果抜群です。

特にシワや乾燥に効き目があります。

必須脂肪酸のお肌への効果

必須脂肪酸は体内で作ることができないので外から補う必要があります。

お肌の老化を防いだり、乾燥を防いだり、肌のバリア機能を補ってくれたりといった効果があります。

タンパク質

人の体を作るために欠かせない栄養素ですが、タンパク質を取り入れるお肌にとてもよい効果があります。

お肌の弾力やハリを保ってくれる効果があります。

 

アルガンオイルの使用感

オイルと言うとベタつきが気になるかと思いますが、本当に軽い使い心地のオイルです。

さすがに塗った直後はオイルを塗ったという感じですが、肌が重たい感じというのはありません。

ほんの少量でしっかりと伸びてくれますのでコスパもとても良いです。

アルガンオイルを塗って寝た翌日は、オイルは吸収されてさらっとふっくらしています。

使い方は洗顔後化粧水を塗ったあとに美容液のように少量を手のひらに伸ばして蓋をするようにつけても良いですし、まずオイルを付けてから、化粧水を入れ込んでも良いです。化粧水がグイグイ入っていきますよ。

アルガンオイルは万能オイル

アルガンオイルは顔のスキンケアだけではなく、体のあらゆるところに使用することができます。

乾燥の気になる肘や膝に使ってもいいですし、ヘアケアにも使えます。

どこに使ってもベタつかないので、乾燥が気になるところにはどんどん使えます。

アルガンオイル一つで全身のケアができるので、体の部分部分で別々のケア用品を買う必要がなくなり、お財布にもやさしいです。

 

まとめ

アルガンオイルには本当に助けられています。使いはじめてから2年ほど立つのですが、その時の肌の調子に合わせて使用量を変えると年中使えます。

夏でも肌に浸透してしまうので、油っぽさは気になりません。

さらっとして、肌がふっくらというこの使用感は病みつきになってしまいますね。

私はアイハーブでアキュアオーガニクスというメーカーのアルガンオイルを購入しています。30mlで1000円ほど、これで2か月くらいは持つので、コストパフォマンスにも非常に優れています。とてもおすすめです!

 

 

水道水は沸騰させると塩素の心配がなくなるのか

人には水は欠かせないものですが、その水はどのようなものを選んでいるでしょうか。

水にも色々選択肢があり、水道水、ミネラルウォーターを買う、水道水を沸かして使う、浄水器を使う、様々だと思います。毎日使うものなので、水には気を使いますよね。

ただ、正直なところ、ミネラルウォーターを買うにしても、浄水器を使うにしても、お金がかかります。年間にして相当になりますよね。安くても1本80円くらいでしょうか、料理にも使うとなると、1日1人1本とはいかないですし、家族分となると、かなりの量が必要になってしまいます。更に、買いだめをすると場所も取ります。

できるだけ安心した水を使いたい、水道水をそのまま使うのは不安、でもなかなかそうもいかない・・・・

そこで、水道水の不安要素をできるだけ取り除いてよい状態で使える方法を調べてみました。

水道水の不安要素

蛇口をひねると水が出ますが、水道水は家庭に届くまでにきれいに浄化されていますが、殺菌に使われている塩素がそのまま残っているのは不安ですよね。よく、カルキ臭と言われますが、これは塩素が使われているために発生するものです。カルキ臭が強いほど、塩素が多く使われている、と言うことになります。

水の中の細菌やウイルスを除去するために塩素が使われています。なぜなら、塩素を使うことが手っ取り早いからです。その他の方法では時間も労力も大きくかかってしまいます。

なので、「良くない」と言うことがわかっていても塩素に頼らざるを得ないのです。

塩素を使うことで発生するトリハロメタン

やむなく塩素を使用して水は除菌されていますが、この塩素を使うことで、発がん物質として有名な「トリハロメタン」が発生してしまいます。そして、このトリハロメタンは塩素を使えば使うほど多く発生してしまいます。

そのため、水が汚れていて塩素が多く使われるほど体にも良くない、と言うことになります。

給水管の汚れ

マンションなどに住んでいる方などは定期的に下水管の清掃は入っているかと思いますが、給水管の清掃は入っているでしょうか。実は給水管も古くなるほど汚れが付着し、そこを通った水が家庭に供給されています。更に、貯水タンクの汚れも昨今問題視されています。そのため、貯水タンクの清掃は入ることも増えてきましたが、給水管の汚れまでは手が入っていないところも多いのではないでしょうか。

できるだけ水道水の不安要素を除去する

煮沸する

塩素とトリハロメタンは沸騰させることで一緒に除去することができます。なので、お茶を入れるとき、料理をする時、沸騰させてから使うとその心配はなくなります。

ただし、沸騰させるときにはふたをしないようにしてください。ふたを開けて5分ほど沸騰させると塩素とトリハロメタンは除去することができます。

レモンやビタミンC(アスコビル酸)を入れる

ビタミンCの効果によって塩素を簡単に除去することができます。使う量はほんの少しで構いません。レモンであれば、1リットルの水に対して、たったの2,3滴で済みます。

時間もかからずお金もかからず簡単にできますね。

活性炭を使う

飲料水を浄化するための活性炭が売られていますが、これを水に入れておくもの良いです。炭が塩素を吸着してくれます。ただし、効果がある期間に注意をして定期的に撮り替える必要があります。

番外編

塩素を除去する方法として、「マグマ塩」を使うこともあります。

マグマ塩とは

ヒマラヤで取れる岩塩です。ルビーソルトとも言われています。

良くスーパーなどで見かけるヒマラヤピンクソルトとは違い、もっと濃い赤の塩です。

酸化還元力が非常に高く、入れるだけで塩素を除去し、更に水素も発生するという優れものです。

マグマ塩についてはまた別の記事で書きたいと思います。

まとめ

できるだけ体に良い水を取り入れたいと思っても、お金、場所、様々な理由で止む無く水道水をそのまま使っていたという現状があります。ですが、できることはあるはず、家族の健康を守るためにできることから始めていくべく、お金をできるだけかけない方法で考えています。浄水器をつけるにも本当に良いものを選ばなければ効果はあまり期待できず、逆に大きくコストがかかることもあります。これからも体に良いことを考え続け、できることからやっていこうと思います。

ねこの粗相を安全に掃除するためには次亜塩素酸水がオススメ

ねこのトイレのしつけで困っていることはありませんか?

我が家では、かなり高齢のおばあちゃんねこがいるのですが、小さいころからなぜか、おしっこはペットシーツにウンチはトイレにというクセがついてしまいました。

その結果、今は部屋中にペットシーツを敷かなければ、そこらじゅうに粗相するようになってしまい、一時期は常にねこの粗相のチェックをしなければ気が落ちづかず、ノイローゼ気味になってしまいました。

でも、普通の洗剤では臭いも取れず、ねこにも良くない、、、

そこで、ねこにも安全で、かつ強力な洗剤はないものかと、様々な対策を試して行き着いた方法を紹介します!

 

ねこの粗相にも安心して使える洗浄剤

これは、正確に言うと除菌水のようなものになるでしょうか、私がたどり着いたのは、「次亜塩素酸水」です!

次亜塩素酸水の除菌効果は非常に優れています。黄色ブドウ球菌をはじめ、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、O157などの細菌やウイルスを強力に除菌します。その上、有機物に触れると分解してしまうので、残留塩素などの心配がありません。

なので、ねこの粗相にはもってこいです。

以前は、猫用の洗剤などを使っていましたが、どうしても臭いが取れず、家の匂いが気になっていましたが、この次亜塩素酸水を使うようになってからは、除菌+消臭効果がしっかりと発揮されているので、汚れやにおいに対するストレスが無くなりました。

ねこの粗相で悩んでいる方には本当にお勧めです!

 

次亜塩素酸水はどれくらい安全なのか

除菌や殺菌というと、アルコールや塩素系漂白剤、カビ取り剤などを思い浮かべるかと思いますが、そのどれも、容器には「混ぜるな危険!」の文字が大きく書かれていて、換気を十分に行う必要があるなど、使用の際には十分に安全に気を付けて使用しなければなりません。しかし、次亜塩素酸水は食品添加物としても認められているくらい安全です(洗浄や殺菌などの用途として)。そして、手や指の消毒、そして、うがいにも使用することができます。更に、様々な安全試験でもその安全性が認められています。

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いに注意!

良く似たように聞こえる、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム、これは大きく違うので注意が必要です。次亜塩素酸ナトリウムは先ほども出てきた、塩素系漂白剤に使われています。うっかり間違えて使ってしまうと、ねこにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

次亜塩素酸水→有機物に触れると分解される、食品添加物としても認められている

次亜塩素酸ナトリウム→塩素系漂白剤に使われている。毒性が強く、使用には十分な注意が必要

 

これだけを見ると、次亜塩素酸ナトリウムの方が強力であるように感じますが、しかし、「強力=危険」なのが次亜塩素酸ナトリウムです。そして、「強力+安全」なのが次亜塩素酸水です。ウイルスなどの除菌効果は次亜塩素酸水の方が効果が高いという研究結果も出ています。

 

まとめ

この次亜塩素酸水に出会うまで、数々の洗剤を試してきました。分解能力を期待してEM菌も試してみましたが、効果がゆっくりなのでなかなか思ったように使うことができませんでした。次亜塩素酸水はすぐに効果を発揮しますので、手軽に使えて、安全性が高く、除菌効果も高い、そして、大きな悩みだった「臭い」にも絶大な効果を発揮してくれました。ねこも家族の一員、安全に過ごさせてやりたいものです。危険な洗剤を使わずに、快適にねことの生活ができるようになりました。本当に次亜塩素酸水はお勧めです。

 

体に優しい食器洗剤というだけでは選べない

毎日使う食器用洗剤、どのようなものを使っていますか?

食器用洗剤のコーナーを見ても、いろんな商品が並んでいて、油汚れに強いものや、除菌効果がある物などなど、それぞれ特徴がありますね。

洗剤に含まれている界面活性剤には油を乳化させて落ちやすくするという効果があって、そのおかげで食器の油汚れもきれいに落ちるのですが、その界面活性剤の影響について昨今色々と体や環境への悪影響が心配されています。

直接体に触れるものについてはほとんどその毒性の影響の心配はないようですが、それでもやはり、できるだけ体に優しいものを使用したいですよね。

でも、正直なところ毎日使うものなのでコスパも気になるところ。

そこで、「なるべく」体に優しい食器洗剤のオススメをご紹介したいと思います。

 

 

第1位 生活クラブ キッチン用液体せっけん(ヱスケー石鹸株式会社)

直接体に触れるので生活クラブのキッチン用液体せっけんを使用していました。

洗剤自体はさらさらとしていてとろみがありません。

泡立ちも泡切れもとても良いです。

ただ、洗剤がさらさらしていて、すぐに分解されるのでちょこちょこ足していたので、減りがとても速かったです。

成分はとても優しいので肌荒れもほとんどありませんでした。

成分はとてもシンプルで、水、脂肪酸カリウム、グリセリン、クエン酸ナトリウム、クエン酸となっています。

500mlで300円程度となっています。

 

第2位 SAFE 発芽玄米(トイレタリージャパンインク株式会社)

今のところ私がメインで使用している食器用洗剤です。

オーガニック発芽玄米の抽出成分、ヤシ・ココナッツオイルなどの天然由来の成分、そして、天然酵母成分がプラスされています。

全く界面活性剤が使用されていない、という訳ではありませんが、刺激が比較的少ないようなので使用することが多いです。

泡の持続性はちょっと悪いですが、泡立ち良く、泡切れよく、洗浄力的にも文句なしです。

どこにでも売っているわけではないのですが、225ml入りで100円程度でドラッグストアやスーパーに売っています。

最近はトドックで定期的に詰め替え用を取り扱っているのでトドックで購入しています。

 

第3位 アラウ 台所・食器用せっけん(サラヤ株式会社)

こちらも使用することが多いです。

生活クラブと同様にあまりとろみが無く、さらさらとしています。

やや泡立ちは劣るものの、洗い心地は文句なし、泡切れも良いです。

界面活性剤不使用、合成香料、着色料、保存料も無添加となっているので、とても体にも環境にも優しいですね。

400mlで300円程度です。

 

まとめ

体にも環境にも気を使って選んでいくと、やはりちょっと高くついてしまう・・・と言うのが実際のところ。

そして、成分が安心でも使いすぎてしまうとそれはそれで、ちょっと問題があるかもしれません。

今のところ第2位のSAFE 発芽玄米をメインとして使っていますが、それは、3つの中では一番使用料が少なく済んでいるからです。

植物由来だからと言って界面活性剤が使用されていることには変わりがないので、本当に体に環境に優しいかと言うと、決してそうではないのですが、体や環境、そしてお財布にも優しくというのが長続きすコツだと思いますので、できる範囲でできるだけ良いものを選んでいけばよいのではないでしょうか。

 

 

 

マヌカハニーを安く手に入れる方法

ここ数年で、マヌカハニーの有効性が注目されて、人気が出てきていますね。

殺菌作用が高いので風邪予防、虫歯予防などなど色々と用途は幅広いです。

ですが・・・結構高いんですよね!!

体にいいものなので常備しておきたい、でも、だからこそコストは抑えたいですよね。

そこで、万能のはちみつマヌカハニーを安く手に入れるサイトをお教えします。

 

・マヌカハニーはどこで買うのが良いのか

それはずばり、「アイハーブ」です。

アイハーブとは、海外の通販サイトでオーガニックやヴィーガン、ロー食材、添加物の無いものといった体に優しい食品やスキンケアアイテム、サプリ、バスアイテムなどを扱っているサイトです。

どんなアイテムでも大抵は日本で買うよりも安く手に入れることができます。

日本で買う場合の値段との違い

例えば、こちらのマヌカハニーですが、

 

 

 

日本で購入すると、なんと、4000円程もします。

それが、アイハーブではおよそ1600円なんです!(為替変動によって多少上下します)

更に、同じメーカーの+20で500gのタイプだと、日本では17000円くらい。

でも、アイハーブだと、4000円弱です。

 

マヌカハニーはMGOと言って殺菌する作用が高ければ高いほど、MGOの数値が高くなります。

そして、MGOが高いほどお値段も高くなる、というわけです。

 

MGOの他にUMFで表示されているものもありますが、どちらも数値が高いほど効能が高いということになります。

 

高い殺菌作用を求めるならMGOやUTFが高いものを選ぶことになります。

なので、同じものを購入するのなら、断然安い方で購入したいですよね。

日本で購入するのとかなりお値段が違うので、マヌカハニーを買うときはアイハーブをおすすめします。

 

・MGOやUFTによる殺菌力の違い

MGOとはメチルグリオキサールのことになり、数値が高いと純度が高い、つまり、殺菌効果がより高いということを意味しています。

そして、UTFとはユニーク・マヌカ・ファクターのことになり、数値が高いと、抗菌、殺菌レベルが高いということを意味しています。

 

MGOが高いとUTFも高く、UTFが高いものはMGOも高いということになり、互いに相互関係にあります。

なので、どちらを基準に選んでも全く問題ありません。

 

UMF10+ = MGO100

UMF15+ = MGO250

UMF20+ = MGO400

UMF25+ = MGO550

 

・アイハーブで取り扱っているメーカ

Manuka Doctor

私が主に購入しているメーカーで、比較的お値段が良心的なので、スタートはこちらをお勧めします。

UTF表示となっています。

Wedderspoon

マヌカハニーの取り扱い数は少ないものの、日常的に取り入れやすいキャンディーがあるので、外出先でもオフィスでも常備しやすいと思います。

Manuka Health

日本でも見かけることが多いメーカーで、こちらはMGO表示となっています。

Manuka Doctorよりちょっとお値段が高めです。

キャンディー、歯磨き粉の取り扱いもあります。

 

・まとめ

マヌカハニーの効果は様々で、風邪予防、のどの痛み、虫歯予防、高MGOであればピロリ菌などの胃の不調にも効果があるようです。

それなりの効果を求めるのであれば、UMF25+、MGO550の物の方が良いのですが、安いというハイハーブといえども、24+で2500円程します。

なので、私はもっぱらManuka Doctorの10+ですが、風邪の引き始めやちょっと喉が痛くて怪しいなぁ・・・なんていう時はこれで十分です。

ちょっとした風に引き始めなど、早め早めの対策として体の治す力の後押しとして、常備しておくと良いのではないでしょうか。

風邪対策にお勧めの効能があるアロマオイル

アロマオイルにも色々な種類、効能がありますが、あまりにもありすぎてどれを選んでいいかわかりませんよね?

どうせ取り入れるなら、季節の悩みや、気候に合ったアロマを取り入れたいですよね。

それでいて家族にとてもプラスならなお最高です。

そして、冬と言えば、風邪の季節ですね。

特にインフルエンザの流行る時期、風邪対策をどうしようか、と考えてしまいますよね。

アロマオイルでは風邪を治す、と言うことはできませんが、風邪を予防するのに良い効果があるアロマオイルがあります。

上手に取り入れて、家族の健康に役立てたいですね。

 

そこで、風邪対策に役立つアロマオイルと、その使い方についてお伝えします。

 

 

風邪対策の効果があるアロマオイル

風邪対策で考えるなら、菌を体に取り入れないようにすることです。

つまり、抗菌作用があるアロマオイルがおススメなんですね。

 

抗菌作用のあるアロマオイルはこちらの3つが取り入れやすいかと思います。

 

1:ユーカリ

2:ティーツリー

3:ペパーミント

4:ラベンダー

 

この4種類はそれぞれ効能が少しずつ異なりますが、どれを選んでも、抗菌、抗ウイルス、抗炎症作用などがあり、風邪対策としてはとてもオススメです。

 

では、それぞれの具体的な効能はどのようになっているのでしょうか。

 

1:ユーカリ

ユーカリの主な効能は次のようになっています。

 

・抗菌作用

・抗炎症作用

・鎮痛作用

 

等があります。

更に、せきやのどの痛み、鼻水、鼻づまりと言った風の諸症状を緩和する効果もあります。

 

2:ティーツリー

ティーツリーの主な作用は次のようになっています。

・抗菌作用

・抗炎症作用

・リフレッシュ効果

 

等があります。

更に、免疫力を高める効果があり、感染症予防にも効果があります。

花粉症、鼻炎の効果もあります。

 

3:ペパーミント

ペパーミントの主な作用な次のようになっています。

・抗菌作用

 

更に、風邪の諸症状を緩和する効果があります。

また、胃腸系の不良に強く、消化不良、吐き気、胃痛などに効果があります。

 

4:ラベンダー

ラベンダーの主な効果は次のようになっています。

・鎮痛作用

・抗菌作用

 

更に風邪、気管支炎、ぜんそくなど呼吸器系の不調、頭痛、筋肉痛などの痛みを緩和する効果もあります。

 

 

では、次にどのように取り入れていけばよいのかお伝えします。

 

風邪対策でのアロマの取り入れ方

・空気を浄化する

空気中のウイルスなどから身を守るため、エアーリフレッシュなーとして取り入れるのがおススメです。

 

レシピ

・精製水 50ml

・ユーカリ 5~6滴

 

材料が多いと毎日使うにはちょっと大変なので簡単に作って、朝晩、空気中にスプレーすればOKです。

少ない量を作って、2,3日で使い切るようにした方が良いと思います。

小さいお子さんがいる時はアロマオイルを少なめにしてください。

 

・吸入する

 

喉や花がスッキリしないような時は、お湯にアロマオイルを垂らして、吸い込むだけでスッキリとします。

 

レシピ

・お湯 適量(湯気が上がるくらいの温度で)

・ユーカリ 1滴

・ラベンダー 1滴

 

必ず目をつぶって吸い込むようにしましょう。

お子さんには行わないようにしてください。

 

・ティッシュやストーンにしみこませて部屋に置く

小さいお子さんがいる場合は精油の使い方も気を付けなくてはいけないので、部屋に香らせるだけでも十分です。

ユーカリ、ティーツリー、ペパーミント、ラベンダー、どれでも大丈夫なので、ティッシュやストーンなど数滴たらして、部屋に香らせてみると風邪の症状が和らぎます。

 

まとめ

比較的手に入りやすく、取り入れやすいアロマオイルを挙げてみました。

部屋に香らせるだけでも効果があるので、楽に取り入れて風邪対策に役立てていきたいですね。

私が考える基本は、簡単なこと、無理が無いことです。

なにせ、めんどくさがり屋なので・・・・

面倒くさがりだけど、家族のために良いことは取り入れたいと思っているので、できることから、そして、簡単で長続きできることからやっています。

是非、参考にしてもらえれば嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

できるだけ添加物の少ない調味料を選ぶ

ナチュラルライフのスタートは調味料からがおすすめ

 

自分の健康のため、家族の健康のためにできるだけ体にいいものを取り入れたい!これを読んでいるあなたもきっとそう思っているのでは無いでしょうか?

でも、どこから、どうやって始めればいいのか?迷いますよね。一気に始めるとお金もかかりますし、まずは、比較的取り入れやすい、日常的に必ず使う「調味料」からスタートすることをおすすめします!

調味料も膨大にありますから、取り入れやすい順を挙げてみました!

 

第1位 醤油

これはもう、使わないという日は無いくらいですよね。

でも、スーパーで売っている醤油もピンきりです。

実はアミノ酸、醸造アルコール、酸味料、ブドウ糖、などなど、添加物は含まれています。

私の場合は生活クラブの醤油に切り替えました。

 

第2位 砂糖

基本的に砂糖はどれを選んでも原材料は変わりません。

でも、グラニュー糖や白砂糖は漂白されていて、体を冷やします。

なら、茶色い砂糖はOK?・・・いえいえ、ただ茶色いだけで白砂糖と変わりません。

こちらも生活クラブの粗製糖に切り替えました。

 

第3位 味噌

以前は便利だから・・・と思って、だし入り味噌を使っていました。

でも、よくよく見てみると添加物がいっぱいで驚きました。

便利さと引き換えに添加物を取り入れてしまっていました。

こちらも、昔ながらの製法を守っている生活クラブの味噌に切り替えました。

 

第4位 油

サラダ油、キャノーラ油といった油を使っていました。

でも、油の取り方は非常に大事、ということを知りました。

トランス脂肪酸の摂りすぎ、オメガ9の摂りすぎなど色々と言われていますが、

こちらは、生活クラブのなたね油、ごま油、

あと、スーパーでですけど、オリーブオイルに切り替えました。

 

第5位 みりん

比較的安いみりん風調味料を使っていたのですが、

やはり原材料に不安を覚え、生活クラブの本味醂に切り替えました。

でも、、、これはちょっと高くて、今は生活クラブのみりん風調味料を使ってます。

 

第6位 コンソメ

手軽で美味しいコンソメ、よく料理で使用していました。

でも、これも大量の添加物が入っていました。

なので、これも生活クラブのコンソメに切り替えました。

 

第7位 酒

これは市販でもあまり変わらないかと思いますが、

原材料の出処がしっかりとしている生活クラブの料理酒に切り替えました。

 

第8位 ソース

こちらは気に入っていたメーカーのソースがあったのですが、

原材料、添加物が気になったので、こちらも生活クラブのソースに切り替えました。

 

第9位 カレールー

子どもも大好きなカレー。かなり添加物が入っていました。

やはり、子どもの口に入るものは安心できるものを、と思い、

こちらも生活クラブのカレールーに切り替えました。

 

第10位 マーガリン

マーガリンはトランス脂肪酸がたっぷり含まれている、ということは

既にご存知だと思います。

なので、トランス脂肪酸を大幅に抑えている生活クラブのマーガリンに切り替えました。

 

まとめ

私が手始めに切り替えた調味料を第10位までご紹介しました!

それぞれの調味料の詳しいことはまた別の記事で書いていきたいと思います。

ナチュラルライフも一気にやると、私の場合はちょっと精神的に辛くなってしまったので、日常的に使う調味料から始めることにしました。自分が食べたもので自分の体はできている。だからこそ、体にいいもの、負担の少ないものを取り入れたい。でも、現代では添加物を全く排除する、というのは難しいので、できることから上手に付き合っていかなきゃならないなって思っています。

ほとんど生活クラブで切り替えて行きましたが、調味料って重たいので、届けてくれて安心な食材を扱っている生活クラブを選びました。

長続きするために、無理なく少しずつ取り入れたいですね!