養生

きのこの薬膳効果

きのこというと、好き嫌いが分かれる食材の一つですよね。種類によって大丈夫なものとダメなものがあったり、同じ種類のきのこでも調理方法によって食べられたり、食べられなかったりすることもあると思います。

例えば、焼くのはいいけど、煮物はダメ、とか、、、

そんな、好き嫌いが分かれるきのこですが、積極的に取り入れたい食材のひとつなんです。

なぜ、積極的に取り入れたいのか、その理由は・・・・

 

きのこは体のあらゆる不調によい

きのこに多く含まれている成分は何だと思いますか?

それは・・・

「食物繊維」になります。

食物繊維をしっかりと摂ることでお通じが良くなることは知られていることですが、
お通じとともに体の外に出されるのは「毒素」です。

食物繊維が多く含まれているきのこを食べることで、
体の中の毒素をからめとって体の外に出してくれるのです。

普通に生活をしていても、どうしても添加物などに触れる機会を完全になくすことは難しいですから、
きのこの効果を取り入れながら健康に役立てたいですね。

さらに、きのこはヘルシー、低カロリーでもあり、なおかつ、ビタミンやミネラルが想像以上に
多く含まれています。

なので、貧血気味の方や骨粗しょう症にも良いですし、免疫力をアップしてくれるので、
風邪の引き始めにも取り入れたい食材です。

このように、体にとって良いことだらけのきのこですが、実はきのこの種類によって効果が違っています。

では、きのこにはそれぞれどのような効果があるのでしょうか。

 

きのこに期待できる効果

しいたけ

しいたけに含まれている栄養素は

食物繊維、ビタミンD、カリウム、葉酸 などです。

便通が気になる方や骨粗しょう症が心配な方、成長期のお子さんのカルシウムの吸収を促すためにお勧めです。

さらに、「エリタデニン」という成分が含まれており、
血中コレステロールが増えるのを抑えてくれる効果もあるようです。

生のしいたけと干ししいたけでは、干ししいたけのほうが栄養素がアップしていますので、
干ししいたけもおすすめです。

 

しめじ

しめじに含まれている栄養素は

食物繊維、ビタミンD、ビタミンB、カリウム、鉄 などです。

鉄が含まれていることに注目ですね、貧血気味、すでに貧血と言われている方は積極的に摂りたい食材です。

さらに、免疫アップや美肌、体の代謝アップにも効果があります。

 

まいたけ

まいたけに含まれている栄養素は

食物繊維、ビタミンD、カリウム、鉄 などです。

しかし・・・・それだけではなく驚きの効果がある栄養素が多く含まれているのがまいたけです。

例えば、

β-グルカン、この成分はダイエットやデトックスに効果を発揮してくれます。

ナイアシン、食べ物の代謝を助けてくれる効果がありダイエットやお酒を飲みすぎたときにも良いです。

MD‐フラクション、これはまいたけだけに含まれている特別な栄養素です。免疫力アップに役立ちます。

 

では、まいたけを使った簡単にできる炊き込みご飯のレシピをご紹介したいと思います。

本当に簡単なのでぜひ作ってみてください!

 

まいたけ簡単炊き込みご飯のレシピ

・コメ   3合
・まいたけ 1株
・にんじん 3分の1
・ひじき  お好みの量
・醤油   大さじ3
・酒    大さじ3

 

1:ひじきを水で戻しておく

2:お米を普通に洗って、調味料を入れてから3合目のところまでお水を入れます。
  (通常通り給水させる)

3:にんじんをいちょう切りにする

4:お米の上にまいたけ、にんじん、ひじきを入れ、普通に炊飯する

 

出来上がり!

まいたけからたくさん出汁が出るので、想像以上に黒くなりますが、出汁のおかげで、
にんじんやひじきは煮ておかなくても、舞茸の香りと味のついたご飯で十分に美味しいです。

硬めが好きな方は少しお水を少なくしてください。

調味料はコメ1合につき醤油大さじ1,酒大さじ1の割合です。

 

ぜひお試しください!

 

まとめ

きのこには体の毒素を外に出してくれ、なおかつ、免疫力をアップしてくれる効果もあります。

子どもには成長を助けるために、大人には病気にならない体づくりのために効果を発揮してくれます。

もし、きのこがあまり得意でなくても、無理のない範囲でこれならいけるという調理法や品種を探してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

薬膳から考えるニラの効果

薬膳は特別な材料を買わなくても、身近な野菜で実践することができます。

日頃の食生活から薬膳の効果を取り入れることができれば、
簡単で手間もかからず、お財布にも優しいですよね。

今回は、「にら」に注目して、
薬膳から考える「にら」の効果について考えてみます。

薬膳から考えるニラの効果

薬膳の方からニラを見てみると、ニラには体を温めてくれるという効果があります。

なので、

冷え症

疲れている

食欲がない

といった時に取り入れると、体が不調なときに役立ちます。

また、デトックス効果が高いので、体のお掃除にも一役かってくれます。

ニラのにおい成分からみる体に良い効果

ニラには独特のにおいがありますよね。

においが苦手でつい避けてしまいがち、とか、平日はちょっと遠慮したい、と思うこともあるかと思います。

でも、実は、ニラのにおい(あえて、臭い、ではなくにおいにします!)には、素晴らしい効果があるんです!

例えば、

*血栓の予防

*ガンの発生をおさえてくれる

*酸化しにくくする

という効果です。

ホントに素晴らしいですね!

ニラにはにおいの元となっている、アリイン、そして、最近詳しいことがわかりつつある、メチインというにおい成分が多く含まれています。

では、アリインとメチインにはどんな役割があるのでしょうか。

アリインとメチインの役割、効果とは?

アリインはニンニクにも多く含まれている成分です。

ビタミンB1を体に吸収するのに役立ちます。

ビタミンB1は疲労回復には欠かせない栄養素ですし、極端に少なくなると、神経の伝達に不具合が出てきます。

なので、ビタミンB1が含まれている肉類などと組み合わせると良いです。

そして、もうひとつのメチインはというと、なんと驚いたことに、ピロリ菌をやっつけてくれる効果があると、最近の研究でわかってきたそうです!

まとめ

ニンニクが体に良いことはわかっていても、なかなか普段の食事には取り入れにくこともありますよね。

でも、ニンニクには劣るもののニラにも同様の体に良い効果をもたらしてくれる成分が多く含まれているので、ニラのもつ薬膳の効果を積極的に取り入れたいですね!

薬膳は身近な野菜から始められる

「薬膳」と聞いて、 どのようなイメージを持ちますか?

なんとなく難しそう、とか、美味しくなさしう、とか、特別な材料が必要なのでは?と言ったようなイメージがしていませんか?

かつては私もそうでした。

体に良さそう、だけど、難しいんでしょ?お金もかかりそう、、、って思っていました。

ですが、実はそんなに頑張らなくても薬膳はできる、ということを知りました。

そこで、毎日の食事で始められる身近な野菜から始める薬膳について考えてみようと思います。

 

身近な野菜の恩恵を受ける

「旬の野菜を食べると良い」とはよく聞きますが、これは本当で、その季節の野菜を食べることで、季節による変化にも柔軟に対応ができます。

例えば、夏の暑いときにはきゅうりを食べる、冬の寒いときには根菜がよい、といった具合に、暑いときには体を冷やす効果のある食べ物、
寒いときには体を温める効果のある食べ物を選ぶと季節の変化に負けないよう援軍を送ることができます。

これは野菜にも薬膳の効果をもたらす力があるからなんです。

では、どんな野菜にどんな薬膳の効果があるのでしょうか。

 

身近な野菜の薬膳の効果

思った以上に身近な野菜にも薬膳の効果があります。日常的に使いやすい野菜の薬膳の効果の一部をご紹介したいと思います。

 

タマネギ

カレーライスや親子丼、炒め物に味噌汁、ミートソース、などなど、和食にも洋食にも使いやすい「タマネギ」。常にストックしているのではないでしょうか。

タマネギには実は、体を温めてくれるという効果があります。

なぜ、体を温めてくれるのかというと、タマネギには、「硫化アリル」をいう成分が入っています。
この「硫化アリル」が新陳代謝を活発にしてくれることで体が温まるというわけです。

なので、寒い季節や体の冷えが気になる、というときは積極的に取り入れたい食材の一つです。

 

にんじん

にんじんもだいたい常備している野菜の一つではないでしょうか。にんじんの栄養には近頃注目をされていますが、にんじんには消化を助けてくれる、という効果があります。
なので、ちょっと胃腸がお疲れ気味・・・といった時に効果的です。

にんじんにはβカロテンという栄養素が豊富に含まれています。これはもう有名、というか色を見ただけで一目瞭然ではありますが、
このβカロテンは目にも良い、という嬉しい効果があります。

スマホを見たり、ブログを書いたり、ネットサーフィンをしたり・・・と目を酷使しがちな人にはおすすめの食材です。

 

キャベツ

キャベツも一年中手に入る野菜ですね。生でも火を通しても使える野菜なのでとても重宝しますね。

付け合せとしても優秀ですし、火を通すと甘みがぐっとまして美味しくなりますし、量も食べられますね。

さて、キャベツにもどのような薬膳の効果があるかというと、胃にの不調にとても効果的な成分が含まれています。

それは、ビタミンUという成分になります。
ビタミンUには粘膜を健やかにしてくれる効果があるので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などに効果的であることも有名です。
さらに、胸焼けや胃もたれなどにも良いということがわかっています。

揚げ物など脂っこい食事をしたときなどは一緒に食べたい食材です。

 

まとめ

今回は身近な野菜の薬膳の効果としてごくごく1部の野菜を紹介しましたが、それぞれの野菜をもっと深く掘り下げた記事を今後は書いていきたいと思います。

私自身、薬膳に興味を持っていましたが、難しいだろう、お金がかかるだろうと思ってなかなか実行に移せずにいました。

でも、毎日の食事からできることがわかって、「あぁ、無理しなくてもぜーんぜん大丈夫なんだ!」って思って、肩が軽くなったのを覚えています。

自分の健康、そして家族の健康を守るために、美味しく、簡単に、無理なく、野菜の力をたくさん借りて、
食卓を彩っていきたいと思っています。

肌がきれいになる漢方的な効果のある食べ物を取り入れる

季節の変わり目や生理前、ストレスなどなど、様々な原因で現れる
お肌のトラブルには一年中悩まされることも多いですよね。

自分の肌に合わせて、化粧品を変えてみたり、マッサージをしてみたり、
色々と対策は講じてみるものの、なかなか効果は見えにくいもの。

食べるものに気を付けてみると良いとはいうものの、
特別な食材をわざわざ買わなければならないとなると、
それもまたハードルが高いですよね。

そこで、食べ物の持つ薬効(やっこう)から
肌トラブルに役立つ食材について考えてみました。

 

自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れから来る肌トラブル

自律神経やホルモンバランスが崩れて現れる肌トラブルは
最初にも書きましたが、生理前やストレス、季節の変わり目などに現れます。

このような時の肌トラブルにが起きた時には、かんきつ類やミツバ、春菊、セロリといった
香りの強い食べ物が良いとされています。

香りの強い食材には「気」のめぐりを良くする効果があるので、
自律神経やホルモンバランスが崩れた時に体を整えてくれます。

かんきつ類の有効成分

ビタミンCやクエン酸と言ったミネラル、栄養素

ミツバ、春菊などの有効成分

βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄といったミネラル、栄養素
香りによる自律神経を整える効果

 

では次に乾燥からくる肌トラブルに良い食材にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

乾燥から来る肌トラブル

夏は冷房、秋冬は乾燥した空気や暖房の影響で肌は乾燥しがちです。
また、年齢を重ねるとだんだんと潤いが少なくなってくるため、肌が乾燥してきます。

このような時は加湿をしっかりと行うのと同時に、
レバーや赤身のお肉、ほうれん草、ブロッコリーといった色の濃い野菜、
白ごま、大根、なしと言った水分を補う食材で血や水分を取ってあげると良いです。

レバー、赤身の肉の有効成分

ビタミンA、ビタミンB1、B12、鉄、葉酸 など

ほうれん草、ブロッコリーなどの有効成分

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE ビタミンK、葉酸 など

 

では次にニキビや湿疹などの肌トラブルに良い食材にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ニキビや湿疹などの肌トラブル

急にぽつんとできる赤ニキビ、直るのにも時間がかかって気になりますよね。

しかも、とても痛いので洗顔も大変で、ニキビの部分だけやけにそぉっと洗って十分に洗えない、
なんてこともありがちです。

そういった、赤みが強い肌トラブルの時には、体を冷やす効果のある食材が向いています。

例えば、キュウリやトマト、すいか、なす、レタス、豆腐、キウイなどで、
体の熱を取り除くと良いです。

キュウリの有効成分

βカロテン、カリウム

 

まとめ

一年中、色々な場面で悩まされる肌トラブルも、食べ物の薬効を上手に取り入れて
体の中からお肌に応援を送ることができると良いですよね。

特別な食材を買わなくても、身近な食材にも良い効果がありますので、
毎日の食事から手軽に取り入れることができれば、ストレスなく続けることができると思います。

自分の体の状態に合わせて、ちょっとだけ買い物するときに意識して、
身近な食材の薬効を活用していきたいと思っています。