住環境

ねこの粗相を安全に掃除するためには次亜塩素酸水がオススメ

ねこのトイレのしつけで困っていることはありませんか?

我が家では、かなり高齢のおばあちゃんねこがいるのですが、小さいころからなぜか、おしっこはペットシーツにウンチはトイレにというクセがついてしまいました。

その結果、今は部屋中にペットシーツを敷かなければ、そこらじゅうに粗相するようになってしまい、一時期は常にねこの粗相のチェックをしなければ気が落ちづかず、ノイローゼ気味になってしまいました。

でも、普通の洗剤では臭いも取れず、ねこにも良くない、、、

そこで、ねこにも安全で、かつ強力な洗剤はないものかと、様々な対策を試して行き着いた方法を紹介します!

 

ねこの粗相にも安心して使える洗浄剤

これは、正確に言うと除菌水のようなものになるでしょうか、私がたどり着いたのは、「次亜塩素酸水」です!

次亜塩素酸水の除菌効果は非常に優れています。黄色ブドウ球菌をはじめ、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、O157などの細菌やウイルスを強力に除菌します。その上、有機物に触れると分解してしまうので、残留塩素などの心配がありません。

なので、ねこの粗相にはもってこいです。

以前は、猫用の洗剤などを使っていましたが、どうしても臭いが取れず、家の匂いが気になっていましたが、この次亜塩素酸水を使うようになってからは、除菌+消臭効果がしっかりと発揮されているので、汚れやにおいに対するストレスが無くなりました。

ねこの粗相で悩んでいる方には本当にお勧めです!

 

次亜塩素酸水はどれくらい安全なのか

除菌や殺菌というと、アルコールや塩素系漂白剤、カビ取り剤などを思い浮かべるかと思いますが、そのどれも、容器には「混ぜるな危険!」の文字が大きく書かれていて、換気を十分に行う必要があるなど、使用の際には十分に安全に気を付けて使用しなければなりません。しかし、次亜塩素酸水は食品添加物としても認められているくらい安全です(洗浄や殺菌などの用途として)。そして、手や指の消毒、そして、うがいにも使用することができます。更に、様々な安全試験でもその安全性が認められています。

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いに注意!

良く似たように聞こえる、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム、これは大きく違うので注意が必要です。次亜塩素酸ナトリウムは先ほども出てきた、塩素系漂白剤に使われています。うっかり間違えて使ってしまうと、ねこにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

次亜塩素酸水→有機物に触れると分解される、食品添加物としても認められている

次亜塩素酸ナトリウム→塩素系漂白剤に使われている。毒性が強く、使用には十分な注意が必要

 

これだけを見ると、次亜塩素酸ナトリウムの方が強力であるように感じますが、しかし、「強力=危険」なのが次亜塩素酸ナトリウムです。そして、「強力+安全」なのが次亜塩素酸水です。ウイルスなどの除菌効果は次亜塩素酸水の方が効果が高いという研究結果も出ています。

 

まとめ

この次亜塩素酸水に出会うまで、数々の洗剤を試してきました。分解能力を期待してEM菌も試してみましたが、効果がゆっくりなのでなかなか思ったように使うことができませんでした。次亜塩素酸水はすぐに効果を発揮しますので、手軽に使えて、安全性が高く、除菌効果も高い、そして、大きな悩みだった「臭い」にも絶大な効果を発揮してくれました。ねこも家族の一員、安全に過ごさせてやりたいものです。危険な洗剤を使わずに、快適にねことの生活ができるようになりました。本当に次亜塩素酸水はお勧めです。

 

体に優しい食器洗剤というだけでは選べない

毎日使う食器用洗剤、どのようなものを使っていますか?

食器用洗剤のコーナーを見ても、いろんな商品が並んでいて、油汚れに強いものや、除菌効果がある物などなど、それぞれ特徴がありますね。

洗剤に含まれている界面活性剤には油を乳化させて落ちやすくするという効果があって、そのおかげで食器の油汚れもきれいに落ちるのですが、その界面活性剤の影響について昨今色々と体や環境への悪影響が心配されています。

直接体に触れるものについてはほとんどその毒性の影響の心配はないようですが、それでもやはり、できるだけ体に優しいものを使用したいですよね。

でも、正直なところ毎日使うものなのでコスパも気になるところ。

そこで、「なるべく」体に優しい食器洗剤のオススメをご紹介したいと思います。

 

 

第1位 生活クラブ キッチン用液体せっけん(ヱスケー石鹸株式会社)

直接体に触れるので生活クラブのキッチン用液体せっけんを使用していました。

洗剤自体はさらさらとしていてとろみがありません。

泡立ちも泡切れもとても良いです。

ただ、洗剤がさらさらしていて、すぐに分解されるのでちょこちょこ足していたので、減りがとても速かったです。

成分はとても優しいので肌荒れもほとんどありませんでした。

成分はとてもシンプルで、水、脂肪酸カリウム、グリセリン、クエン酸ナトリウム、クエン酸となっています。

500mlで300円程度となっています。

 

第2位 SAFE 発芽玄米(トイレタリージャパンインク株式会社)

今のところ私がメインで使用している食器用洗剤です。

オーガニック発芽玄米の抽出成分、ヤシ・ココナッツオイルなどの天然由来の成分、そして、天然酵母成分がプラスされています。

全く界面活性剤が使用されていない、という訳ではありませんが、刺激が比較的少ないようなので使用することが多いです。

泡の持続性はちょっと悪いですが、泡立ち良く、泡切れよく、洗浄力的にも文句なしです。

どこにでも売っているわけではないのですが、225ml入りで100円程度でドラッグストアやスーパーに売っています。

最近はトドックで定期的に詰め替え用を取り扱っているのでトドックで購入しています。

 

第3位 アラウ 台所・食器用せっけん(サラヤ株式会社)

こちらも使用することが多いです。

生活クラブと同様にあまりとろみが無く、さらさらとしています。

やや泡立ちは劣るものの、洗い心地は文句なし、泡切れも良いです。

界面活性剤不使用、合成香料、着色料、保存料も無添加となっているので、とても体にも環境にも優しいですね。

400mlで300円程度です。

 

まとめ

体にも環境にも気を使って選んでいくと、やはりちょっと高くついてしまう・・・と言うのが実際のところ。

そして、成分が安心でも使いすぎてしまうとそれはそれで、ちょっと問題があるかもしれません。

今のところ第2位のSAFE 発芽玄米をメインとして使っていますが、それは、3つの中では一番使用料が少なく済んでいるからです。

植物由来だからと言って界面活性剤が使用されていることには変わりがないので、本当に体に環境に優しいかと言うと、決してそうではないのですが、体や環境、そしてお財布にも優しくというのが長続きすコツだと思いますので、できる範囲でできるだけ良いものを選んでいけばよいのではないでしょうか。