スキンケア

msmクリームの効能と使い方

毎日、仕事に家事に育児に追われていると、いつの間にか体がカチカチになっていたなんてことありませんか?

日々の忙しさで痛みが出てからようやく肩こりの酷さに気づいた、なんとなく重くて凝っているけれども
時間がなくてそのままにしているということもあるかもしれません。

肩こりを放置しているとそのうち、頭痛を引き起こしてしまうということもあります。

本来であれば、体を動かして血流を良くしたり、マッサージでほぐしたり、こまめにケアできれば良いのですが、
なかなかそうも行かない場合、MSMクリームが活躍します。

MSMクリームを塗っておくと、応急的ではありますが、
痛みを和らげたり、落ち着かせたりする効果があります。

では、MSMとは何なのでしょうか?

 

MSMとはなにか?

MSMはメチルスルホニルメタンというちょっと長い名称なのですが、約35%が硫黄でできている天然硫黄化合物です。

実は人の体の中にも硫黄が存在していて、体の中の硫黄が関節や筋肉の疲れから回復を早めたり、
皮膚、髪、爪の健康維持に一役買ってくれています。

硫黄が不足すると肌や爪はボロボロに、髪もばさばさ、関節は潤いがなくなって関節痛が出てくる、、、
と言った不具合が出てきてしまします。

更に、まだ詳しいことは解明されていないようですが、
「痛みを抑えてくれる」という効果があるのです。

それではMSMクリームの活用方法についてお伝えします。

MSMクリームを使う

MSMクリームに含まれているイオウは骨や軟骨を作るために必要な成分で、
関節が痛い時、筋肉が痛い時に塗ってあげると回復を早めてくれるという効果があります。

主に、肩こり、筋肉痛、関節痛にとても効果を発揮して、
炎症を抑えてくれたり、凝り固まった筋肉を柔らかくしてくれたりします。

痛みを感じるところに塗るだけなのですが、
痛くなってからでもOK、痛くなる前でもOKなんです。

更に、ちょっと筋肉痛になりそうな運動をする前などにあらかじめ塗っておくと、
筋肉痛が軽く済むこともあります。

重くてカチカチな肩こりの痛みには特におすすめです。

私自身、何度も助けられています!

 

そして・・・痛みだけではなく、美容にもいいという嬉しい効果も

 

MSMクリームのそのほかの使い方

MSMクリームにもいくつか種類がありますが、我が家ではアイハーブから購入しています。

MSMにはアンチエイジング効果があるとされていて、
ほうれい線が薄くなったり、肌艶が良くなったり、シミが薄くなったり、、、
痛みだけではなく年齢を重ねると出てくるお肌の悩みに嬉しい効果があります。

化粧水の後のお手入れの仕上げにMSMクリームを使うといいですよ!

 

この様に、痛みと美容にいいMSMクリームですが、
ぜひ使い分けをしてほしいと思います。

 

MSMクリームの使い分け

MSMクリームにもいろいろ種類がありまして、

 

MSM+グルコサミン

MSM+ビタミンAやE

 

と組み合わせられているものがあります。

 

関節痛や筋肉痛、肩こりには「MSM+グルコサミン」

美容や肩こりには「MSM+ビタミンAやD」

 

がおすすめです。

 

人間の体に存在するミネラルでもある「イオウ」。
食物にも含まれているので副作用の心配も無いとされています。

 

とってもおすすめのクリームです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂の塩素は取り除いたほうがいいのかどうなのか取り除く方法は?

一日の疲れを癒してくれるお風呂。そして、朝一日の始まりにスッキリ目を覚ましてくれるシャワー。

あなたはどんなバスタイムを過ごしていますか?

湯船にゆっくり浸かるのも、シャワーでさっぱりするのにも、使うのは「お湯」。

お風呂には沢山の水を使う訳ですが、そうなると気になるのは水道水に含まれる「塩素」です。

そこで、肌に触れる水は体に影響があるのか?あるならどう対策したら良いのか、考えてみたいと思います。

 

湯船の残留塩素の体への影響は?

湯船にはおおよそ200リットルくらいの水が使われていますが、一番最初にお風呂に入るときには残留塩素が最も含まれている状態になっています。

一番風呂というとありがたい気持ちになりますが、肌や髪にとっては刺激となってしまい、肌のかさつき、かゆみ、髪のパサつきが出てしまうことがあります。

赤ちゃんや子どもの肌は薄いのでより刺激を受けやすく、かきむしってしまって血が出てしまうなんてことも起きてしまいがちです。

水泳をやっている方は髪が茶色く、色が抜けていくことがありますが、これは塩素の影響です。

塩素はタンパク質を攻撃してしまうので、色が抜けてしまうんですね。ということは、肌のタンパク質も痛めてしまうということ。

なので、大人にも子どもにも塩素が残っているお風呂はあまり良くないと言えます。

では、お風呂の塩素を取り除くにはどのような方法があるのでしょうか。

 

①アスコルビン酸

アスコルビン酸はビタミンCのことです。

薬局などで売っているので、簡単に手に入るので使いやすいです。

使い方は、お風呂に入るタイミングでサッと入れるだけという簡単さ。

しかも、200リットルの水に対して、0.8グラム程度入れるだけで良いので、一度アスコルビン酸を買うとかなり長持ちします。お財布にも優しくておすすめです。

ただし、酸化には要注意です。

酸化してしまうので、あまり大容量のものは買わず、1年程度で使い切れるくらいの量のものを選ぶと良いと思います。

 

②浄水器をつける

蛇口に取り付けるだけで、お湯をはる時に塩素を除去してくれるので、手間がかからず忙しい人にはおすすめです。

ただし、定期的に取り替えないと効果がなくなってしまいますので、要注意です。

私はマメじゃないので向いてなかったです(笑)

期限とか管理ができるような方にはとても良いと思います。

 

③入浴剤を使う

 

入浴剤にも塩素を除去してくれる成分が含まれています。

全ての入浴剤に含まれているわけではないので、ちょっと裏を見てL-グルタミン酸ナトリウム」という成分が含まれている入浴剤を探してみてください

L-グルタミン酸ナトリウムは塩素を取り除いてくれる成分になっています。

しかも、最近は全てが自然素材からできている入浴剤もドラッグストアで売られています。

 

④シャワーヘッドを塩素除去できるものに変える

 

シャワーヘッドに塩素除去機能がついているものが売られていますので、シャワーヘッドを交換してしまうというのも手です。

ただし、浄水器をつけるのと同じ様に、定期的にカートリッジの交換が必要です。

でも、シャワーヘッドからお湯をためて、さらにシャワーを使うときにも塩素除去できるので、
シャワーヘッドを変えてしまう方法もおすすめです。

 

まとめ

水を安全に保つために塩素が入れられていますが、体にとっては良くないことも多く、
髪がパサつくと扱いにくくなりますし、子どものお肌も健やかに保ってあげたいですよね。

小さいお子さんがいるお母さんなら、子どもと一緒に最初にお風呂に入ることも多いと思いますので(うちもそうです)
ちょこっと手を加えてみるのも良いと思います。

ウチでは入浴タイムも楽しみたいですし、子どもも喜ぶので「入浴剤」を使っています。

ドラッグストアで自然素材からできているものが398円とかで買えるので、おすすめです。

(ちなみにオーガニックとかではありません・・・・あくまでもできることからです^^)

 

 

 

肌がきれいになる漢方的な効果のある食べ物を取り入れる

季節の変わり目や生理前、ストレスなどなど、様々な原因で現れる
お肌のトラブルには一年中悩まされることも多いですよね。

自分の肌に合わせて、化粧品を変えてみたり、マッサージをしてみたり、
色々と対策は講じてみるものの、なかなか効果は見えにくいもの。

食べるものに気を付けてみると良いとはいうものの、
特別な食材をわざわざ買わなければならないとなると、
それもまたハードルが高いですよね。

そこで、食べ物の持つ薬効(やっこう)から
肌トラブルに役立つ食材について考えてみました。

 

自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れから来る肌トラブル

自律神経やホルモンバランスが崩れて現れる肌トラブルは
最初にも書きましたが、生理前やストレス、季節の変わり目などに現れます。

このような時の肌トラブルにが起きた時には、かんきつ類やミツバ、春菊、セロリといった
香りの強い食べ物が良いとされています。

香りの強い食材には「気」のめぐりを良くする効果があるので、
自律神経やホルモンバランスが崩れた時に体を整えてくれます。

かんきつ類の有効成分

ビタミンCやクエン酸と言ったミネラル、栄養素

ミツバ、春菊などの有効成分

βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄といったミネラル、栄養素
香りによる自律神経を整える効果

 

では次に乾燥からくる肌トラブルに良い食材にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

乾燥から来る肌トラブル

夏は冷房、秋冬は乾燥した空気や暖房の影響で肌は乾燥しがちです。
また、年齢を重ねるとだんだんと潤いが少なくなってくるため、肌が乾燥してきます。

このような時は加湿をしっかりと行うのと同時に、
レバーや赤身のお肉、ほうれん草、ブロッコリーといった色の濃い野菜、
白ごま、大根、なしと言った水分を補う食材で血や水分を取ってあげると良いです。

レバー、赤身の肉の有効成分

ビタミンA、ビタミンB1、B12、鉄、葉酸 など

ほうれん草、ブロッコリーなどの有効成分

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE ビタミンK、葉酸 など

 

では次にニキビや湿疹などの肌トラブルに良い食材にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ニキビや湿疹などの肌トラブル

急にぽつんとできる赤ニキビ、直るのにも時間がかかって気になりますよね。

しかも、とても痛いので洗顔も大変で、ニキビの部分だけやけにそぉっと洗って十分に洗えない、
なんてこともありがちです。

そういった、赤みが強い肌トラブルの時には、体を冷やす効果のある食材が向いています。

例えば、キュウリやトマト、すいか、なす、レタス、豆腐、キウイなどで、
体の熱を取り除くと良いです。

キュウリの有効成分

βカロテン、カリウム

 

まとめ

一年中、色々な場面で悩まされる肌トラブルも、食べ物の薬効を上手に取り入れて
体の中からお肌に応援を送ることができると良いですよね。

特別な食材を買わなくても、身近な食材にも良い効果がありますので、
毎日の食事から手軽に取り入れることができれば、ストレスなく続けることができると思います。

自分の体の状態に合わせて、ちょっとだけ買い物するときに意識して、
身近な食材の薬効を活用していきたいと思っています。

 

アルガンオイルの肌への効果は?

毎日のお肌のケア、気を使いますよね。季節によって、乾燥したり、油っぽくなったり、シワやシミ、くすみ、お肌のトラブルとの付き合い方はなかなか難しいものがあります。自分に合ったスキンケアを見つけるのにも一苦労ですよね。買ってみたはいいけど、思ったような効果がなかったなんてことも。あれこれお肌に心配な成分が入っていなくて、それでいて効果が高くて、お値段も手頃であればなお最高です。そこで、もう何度もリピートして使っている、栄養価が高くて、効果抜群、そしてお値段もお手頃なアルガンオイルについて書きたいと思います。お肌がふっくらして、ベタつかないので、使いやすいですよ。

 

アルガンオイルのお肌の効果

アルガンオイルはモロッコに生育するアルガンの樹になる実からとったオイルで、なんと、100キロの実から2、3リットルしか取れないそうです。

その栄養成分はビタミンE、必須脂肪酸、タンパク質がとても多く含まれています。

そのため、お肌の明るさがアップしたり、ふっくらと質のよいお肌に仕上げてくれます。

ビタミンEのお肌への効果

ビタミンEは抗酸化作用に優れています。そのため、お肌の老化現象に効果抜群です。

特にシワや乾燥に効き目があります。

必須脂肪酸のお肌への効果

必須脂肪酸は体内で作ることができないので外から補う必要があります。

お肌の老化を防いだり、乾燥を防いだり、肌のバリア機能を補ってくれたりといった効果があります。

タンパク質

人の体を作るために欠かせない栄養素ですが、タンパク質を取り入れるお肌にとてもよい効果があります。

お肌の弾力やハリを保ってくれる効果があります。

 

アルガンオイルの使用感

オイルと言うとベタつきが気になるかと思いますが、本当に軽い使い心地のオイルです。

さすがに塗った直後はオイルを塗ったという感じですが、肌が重たい感じというのはありません。

ほんの少量でしっかりと伸びてくれますのでコスパもとても良いです。

アルガンオイルを塗って寝た翌日は、オイルは吸収されてさらっとふっくらしています。

使い方は洗顔後化粧水を塗ったあとに美容液のように少量を手のひらに伸ばして蓋をするようにつけても良いですし、まずオイルを付けてから、化粧水を入れ込んでも良いです。化粧水がグイグイ入っていきますよ。

アルガンオイルは万能オイル

アルガンオイルは顔のスキンケアだけではなく、体のあらゆるところに使用することができます。

乾燥の気になる肘や膝に使ってもいいですし、ヘアケアにも使えます。

どこに使ってもベタつかないので、乾燥が気になるところにはどんどん使えます。

アルガンオイル一つで全身のケアができるので、体の部分部分で別々のケア用品を買う必要がなくなり、お財布にもやさしいです。

 

まとめ

アルガンオイルには本当に助けられています。使いはじめてから2年ほど立つのですが、その時の肌の調子に合わせて使用量を変えると年中使えます。

夏でも肌に浸透してしまうので、油っぽさは気になりません。

さらっとして、肌がふっくらというこの使用感は病みつきになってしまいますね。

私はアイハーブでアキュアオーガニクスというメーカーのアルガンオイルを購入しています。30mlで1000円ほど、これで2か月くらいは持つので、コストパフォマンスにも非常に優れています。とてもおすすめです!

 

 

体に優しい食器洗剤というだけでは選べない

毎日使う食器用洗剤、どのようなものを使っていますか?

食器用洗剤のコーナーを見ても、いろんな商品が並んでいて、油汚れに強いものや、除菌効果がある物などなど、それぞれ特徴がありますね。

洗剤に含まれている界面活性剤には油を乳化させて落ちやすくするという効果があって、そのおかげで食器の油汚れもきれいに落ちるのですが、その界面活性剤の影響について昨今色々と体や環境への悪影響が心配されています。

直接体に触れるものについてはほとんどその毒性の影響の心配はないようですが、それでもやはり、できるだけ体に優しいものを使用したいですよね。

でも、正直なところ毎日使うものなのでコスパも気になるところ。

そこで、「なるべく」体に優しい食器洗剤のオススメをご紹介したいと思います。

 

 

第1位 生活クラブ キッチン用液体せっけん(ヱスケー石鹸株式会社)

直接体に触れるので生活クラブのキッチン用液体せっけんを使用していました。

洗剤自体はさらさらとしていてとろみがありません。

泡立ちも泡切れもとても良いです。

ただ、洗剤がさらさらしていて、すぐに分解されるのでちょこちょこ足していたので、減りがとても速かったです。

成分はとても優しいので肌荒れもほとんどありませんでした。

成分はとてもシンプルで、水、脂肪酸カリウム、グリセリン、クエン酸ナトリウム、クエン酸となっています。

500mlで300円程度となっています。

 

第2位 SAFE 発芽玄米(トイレタリージャパンインク株式会社)

今のところ私がメインで使用している食器用洗剤です。

オーガニック発芽玄米の抽出成分、ヤシ・ココナッツオイルなどの天然由来の成分、そして、天然酵母成分がプラスされています。

全く界面活性剤が使用されていない、という訳ではありませんが、刺激が比較的少ないようなので使用することが多いです。

泡の持続性はちょっと悪いですが、泡立ち良く、泡切れよく、洗浄力的にも文句なしです。

どこにでも売っているわけではないのですが、225ml入りで100円程度でドラッグストアやスーパーに売っています。

最近はトドックで定期的に詰め替え用を取り扱っているのでトドックで購入しています。

 

第3位 アラウ 台所・食器用せっけん(サラヤ株式会社)

こちらも使用することが多いです。

生活クラブと同様にあまりとろみが無く、さらさらとしています。

やや泡立ちは劣るものの、洗い心地は文句なし、泡切れも良いです。

界面活性剤不使用、合成香料、着色料、保存料も無添加となっているので、とても体にも環境にも優しいですね。

400mlで300円程度です。

 

まとめ

体にも環境にも気を使って選んでいくと、やはりちょっと高くついてしまう・・・と言うのが実際のところ。

そして、成分が安心でも使いすぎてしまうとそれはそれで、ちょっと問題があるかもしれません。

今のところ第2位のSAFE 発芽玄米をメインとして使っていますが、それは、3つの中では一番使用料が少なく済んでいるからです。

植物由来だからと言って界面活性剤が使用されていることには変わりがないので、本当に体に環境に優しいかと言うと、決してそうではないのですが、体や環境、そしてお財布にも優しくというのが長続きすコツだと思いますので、できる範囲でできるだけ良いものを選んでいけばよいのではないでしょうか。