きのこの薬膳効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きのこというと、好き嫌いが分かれる食材の一つですよね。種類によって大丈夫なものとダメなものがあったり、同じ種類のきのこでも調理方法によって食べられたり、食べられなかったりすることもあると思います。

例えば、焼くのはいいけど、煮物はダメ、とか、、、

そんな、好き嫌いが分かれるきのこですが、積極的に取り入れたい食材のひとつなんです。

なぜ、積極的に取り入れたいのか、その理由は・・・・

 

きのこは体のあらゆる不調によい

きのこに多く含まれている成分は何だと思いますか?

それは・・・

「食物繊維」になります。

食物繊維をしっかりと摂ることでお通じが良くなることは知られていることですが、
お通じとともに体の外に出されるのは「毒素」です。

食物繊維が多く含まれているきのこを食べることで、
体の中の毒素をからめとって体の外に出してくれるのです。

普通に生活をしていても、どうしても添加物などに触れる機会を完全になくすことは難しいですから、
きのこの効果を取り入れながら健康に役立てたいですね。

さらに、きのこはヘルシー、低カロリーでもあり、なおかつ、ビタミンやミネラルが想像以上に
多く含まれています。

なので、貧血気味の方や骨粗しょう症にも良いですし、免疫力をアップしてくれるので、
風邪の引き始めにも取り入れたい食材です。

このように、体にとって良いことだらけのきのこですが、実はきのこの種類によって効果が違っています。

では、きのこにはそれぞれどのような効果があるのでしょうか。

 

きのこに期待できる効果

しいたけ

しいたけに含まれている栄養素は

食物繊維、ビタミンD、カリウム、葉酸 などです。

便通が気になる方や骨粗しょう症が心配な方、成長期のお子さんのカルシウムの吸収を促すためにお勧めです。

さらに、「エリタデニン」という成分が含まれており、
血中コレステロールが増えるのを抑えてくれる効果もあるようです。

生のしいたけと干ししいたけでは、干ししいたけのほうが栄養素がアップしていますので、
干ししいたけもおすすめです。

 

しめじ

しめじに含まれている栄養素は

食物繊維、ビタミンD、ビタミンB、カリウム、鉄 などです。

鉄が含まれていることに注目ですね、貧血気味、すでに貧血と言われている方は積極的に摂りたい食材です。

さらに、免疫アップや美肌、体の代謝アップにも効果があります。

 

まいたけ

まいたけに含まれている栄養素は

食物繊維、ビタミンD、カリウム、鉄 などです。

しかし・・・・それだけではなく驚きの効果がある栄養素が多く含まれているのがまいたけです。

例えば、

β-グルカン、この成分はダイエットやデトックスに効果を発揮してくれます。

ナイアシン、食べ物の代謝を助けてくれる効果がありダイエットやお酒を飲みすぎたときにも良いです。

MD‐フラクション、これはまいたけだけに含まれている特別な栄養素です。免疫力アップに役立ちます。

 

では、まいたけを使った簡単にできる炊き込みご飯のレシピをご紹介したいと思います。

本当に簡単なのでぜひ作ってみてください!

 

まいたけ簡単炊き込みご飯のレシピ

・コメ   3合
・まいたけ 1株
・にんじん 3分の1
・ひじき  お好みの量
・醤油   大さじ3
・酒    大さじ3

 

1:ひじきを水で戻しておく

2:お米を普通に洗って、調味料を入れてから3合目のところまでお水を入れます。
  (通常通り給水させる)

3:にんじんをいちょう切りにする

4:お米の上にまいたけ、にんじん、ひじきを入れ、普通に炊飯する

 

出来上がり!

まいたけからたくさん出汁が出るので、想像以上に黒くなりますが、出汁のおかげで、
にんじんやひじきは煮ておかなくても、舞茸の香りと味のついたご飯で十分に美味しいです。

硬めが好きな方は少しお水を少なくしてください。

調味料はコメ1合につき醤油大さじ1,酒大さじ1の割合です。

 

ぜひお試しください!

 

まとめ

きのこには体の毒素を外に出してくれ、なおかつ、免疫力をアップしてくれる効果もあります。

子どもには成長を助けるために、大人には病気にならない体づくりのために効果を発揮してくれます。

もし、きのこがあまり得意でなくても、無理のない範囲でこれならいけるという調理法や品種を探してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*