2019年 3月 の投稿一覧

アルガンオイルの肌への効果は?

毎日のお肌のケア、気を使いますよね。季節によって、乾燥したり、油っぽくなったり、シワやシミ、くすみ、お肌のトラブルとの付き合い方はなかなか難しいものがあります。自分に合ったスキンケアを見つけるのにも一苦労ですよね。買ってみたはいいけど、思ったような効果がなかったなんてことも。あれこれお肌に心配な成分が入っていなくて、それでいて効果が高くて、お値段も手頃であればなお最高です。そこで、もう何度もリピートして使っている、栄養価が高くて、効果抜群、そしてお値段もお手頃なアルガンオイルについて書きたいと思います。お肌がふっくらして、ベタつかないので、使いやすいですよ。

 

アルガンオイルのお肌の効果

アルガンオイルはモロッコに生育するアルガンの樹になる実からとったオイルで、なんと、100キロの実から2、3リットルしか取れないそうです。

その栄養成分はビタミンE、必須脂肪酸、タンパク質がとても多く含まれています。

そのため、お肌の明るさがアップしたり、ふっくらと質のよいお肌に仕上げてくれます。

ビタミンEのお肌への効果

ビタミンEは抗酸化作用に優れています。そのため、お肌の老化現象に効果抜群です。

特にシワや乾燥に効き目があります。

必須脂肪酸のお肌への効果

必須脂肪酸は体内で作ることができないので外から補う必要があります。

お肌の老化を防いだり、乾燥を防いだり、肌のバリア機能を補ってくれたりといった効果があります。

タンパク質

人の体を作るために欠かせない栄養素ですが、タンパク質を取り入れるお肌にとてもよい効果があります。

お肌の弾力やハリを保ってくれる効果があります。

 

アルガンオイルの使用感

オイルと言うとベタつきが気になるかと思いますが、本当に軽い使い心地のオイルです。

さすがに塗った直後はオイルを塗ったという感じですが、肌が重たい感じというのはありません。

ほんの少量でしっかりと伸びてくれますのでコスパもとても良いです。

アルガンオイルを塗って寝た翌日は、オイルは吸収されてさらっとふっくらしています。

使い方は洗顔後化粧水を塗ったあとに美容液のように少量を手のひらに伸ばして蓋をするようにつけても良いですし、まずオイルを付けてから、化粧水を入れ込んでも良いです。化粧水がグイグイ入っていきますよ。

アルガンオイルは万能オイル

アルガンオイルは顔のスキンケアだけではなく、体のあらゆるところに使用することができます。

乾燥の気になる肘や膝に使ってもいいですし、ヘアケアにも使えます。

どこに使ってもベタつかないので、乾燥が気になるところにはどんどん使えます。

アルガンオイル一つで全身のケアができるので、体の部分部分で別々のケア用品を買う必要がなくなり、お財布にもやさしいです。

 

まとめ

アルガンオイルには本当に助けられています。使いはじめてから2年ほど立つのですが、その時の肌の調子に合わせて使用量を変えると年中使えます。

夏でも肌に浸透してしまうので、油っぽさは気になりません。

さらっとして、肌がふっくらというこの使用感は病みつきになってしまいますね。

私はアイハーブでアキュアオーガニクスというメーカーのアルガンオイルを購入しています。30mlで1000円ほど、これで2か月くらいは持つので、コストパフォマンスにも非常に優れています。とてもおすすめです!

 

 

水道水は沸騰させると塩素の心配がなくなるのか

人には水は欠かせないものですが、その水はどのようなものを選んでいるでしょうか。

水にも色々選択肢があり、水道水、ミネラルウォーターを買う、水道水を沸かして使う、浄水器を使う、様々だと思います。毎日使うものなので、水には気を使いますよね。

ただ、正直なところ、ミネラルウォーターを買うにしても、浄水器を使うにしても、お金がかかります。年間にして相当になりますよね。安くても1本80円くらいでしょうか、料理にも使うとなると、1日1人1本とはいかないですし、家族分となると、かなりの量が必要になってしまいます。更に、買いだめをすると場所も取ります。

できるだけ安心した水を使いたい、水道水をそのまま使うのは不安、でもなかなかそうもいかない・・・・

そこで、水道水の不安要素をできるだけ取り除いてよい状態で使える方法を調べてみました。

水道水の不安要素

蛇口をひねると水が出ますが、水道水は家庭に届くまでにきれいに浄化されていますが、殺菌に使われている塩素がそのまま残っているのは不安ですよね。よく、カルキ臭と言われますが、これは塩素が使われているために発生するものです。カルキ臭が強いほど、塩素が多く使われている、と言うことになります。

水の中の細菌やウイルスを除去するために塩素が使われています。なぜなら、塩素を使うことが手っ取り早いからです。その他の方法では時間も労力も大きくかかってしまいます。

なので、「良くない」と言うことがわかっていても塩素に頼らざるを得ないのです。

塩素を使うことで発生するトリハロメタン

やむなく塩素を使用して水は除菌されていますが、この塩素を使うことで、発がん物質として有名な「トリハロメタン」が発生してしまいます。そして、このトリハロメタンは塩素を使えば使うほど多く発生してしまいます。

そのため、水が汚れていて塩素が多く使われるほど体にも良くない、と言うことになります。

給水管の汚れ

マンションなどに住んでいる方などは定期的に下水管の清掃は入っているかと思いますが、給水管の清掃は入っているでしょうか。実は給水管も古くなるほど汚れが付着し、そこを通った水が家庭に供給されています。更に、貯水タンクの汚れも昨今問題視されています。そのため、貯水タンクの清掃は入ることも増えてきましたが、給水管の汚れまでは手が入っていないところも多いのではないでしょうか。

できるだけ水道水の不安要素を除去する

煮沸する

塩素とトリハロメタンは沸騰させることで一緒に除去することができます。なので、お茶を入れるとき、料理をする時、沸騰させてから使うとその心配はなくなります。

ただし、沸騰させるときにはふたをしないようにしてください。ふたを開けて5分ほど沸騰させると塩素とトリハロメタンは除去することができます。

レモンやビタミンC(アスコビル酸)を入れる

ビタミンCの効果によって塩素を簡単に除去することができます。使う量はほんの少しで構いません。レモンであれば、1リットルの水に対して、たったの2,3滴で済みます。

時間もかからずお金もかからず簡単にできますね。

活性炭を使う

飲料水を浄化するための活性炭が売られていますが、これを水に入れておくもの良いです。炭が塩素を吸着してくれます。ただし、効果がある期間に注意をして定期的に撮り替える必要があります。

番外編

塩素を除去する方法として、「マグマ塩」を使うこともあります。

マグマ塩とは

ヒマラヤで取れる岩塩です。ルビーソルトとも言われています。

良くスーパーなどで見かけるヒマラヤピンクソルトとは違い、もっと濃い赤の塩です。

酸化還元力が非常に高く、入れるだけで塩素を除去し、更に水素も発生するという優れものです。

マグマ塩についてはまた別の記事で書きたいと思います。

まとめ

できるだけ体に良い水を取り入れたいと思っても、お金、場所、様々な理由で止む無く水道水をそのまま使っていたという現状があります。ですが、できることはあるはず、家族の健康を守るためにできることから始めていくべく、お金をできるだけかけない方法で考えています。浄水器をつけるにも本当に良いものを選ばなければ効果はあまり期待できず、逆に大きくコストがかかることもあります。これからも体に良いことを考え続け、できることからやっていこうと思います。

ねこの粗相を安全に掃除するためには次亜塩素酸水がオススメ

ねこのトイレのしつけで困っていることはありませんか?

我が家では、かなり高齢のおばあちゃんねこがいるのですが、小さいころからなぜか、おしっこはペットシーツにウンチはトイレにというクセがついてしまいました。

その結果、今は部屋中にペットシーツを敷かなければ、そこらじゅうに粗相するようになってしまい、一時期は常にねこの粗相のチェックをしなければ気が落ちづかず、ノイローゼ気味になってしまいました。

でも、普通の洗剤では臭いも取れず、ねこにも良くない、、、

そこで、ねこにも安全で、かつ強力な洗剤はないものかと、様々な対策を試して行き着いた方法を紹介します!

 

ねこの粗相にも安心して使える洗浄剤

これは、正確に言うと除菌水のようなものになるでしょうか、私がたどり着いたのは、「次亜塩素酸水」です!

次亜塩素酸水の除菌効果は非常に優れています。黄色ブドウ球菌をはじめ、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、O157などの細菌やウイルスを強力に除菌します。その上、有機物に触れると分解してしまうので、残留塩素などの心配がありません。

なので、ねこの粗相にはもってこいです。

以前は、猫用の洗剤などを使っていましたが、どうしても臭いが取れず、家の匂いが気になっていましたが、この次亜塩素酸水を使うようになってからは、除菌+消臭効果がしっかりと発揮されているので、汚れやにおいに対するストレスが無くなりました。

ねこの粗相で悩んでいる方には本当にお勧めです!

 

次亜塩素酸水はどれくらい安全なのか

除菌や殺菌というと、アルコールや塩素系漂白剤、カビ取り剤などを思い浮かべるかと思いますが、そのどれも、容器には「混ぜるな危険!」の文字が大きく書かれていて、換気を十分に行う必要があるなど、使用の際には十分に安全に気を付けて使用しなければなりません。しかし、次亜塩素酸水は食品添加物としても認められているくらい安全です(洗浄や殺菌などの用途として)。そして、手や指の消毒、そして、うがいにも使用することができます。更に、様々な安全試験でもその安全性が認められています。

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いに注意!

良く似たように聞こえる、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム、これは大きく違うので注意が必要です。次亜塩素酸ナトリウムは先ほども出てきた、塩素系漂白剤に使われています。うっかり間違えて使ってしまうと、ねこにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

次亜塩素酸水→有機物に触れると分解される、食品添加物としても認められている

次亜塩素酸ナトリウム→塩素系漂白剤に使われている。毒性が強く、使用には十分な注意が必要

 

これだけを見ると、次亜塩素酸ナトリウムの方が強力であるように感じますが、しかし、「強力=危険」なのが次亜塩素酸ナトリウムです。そして、「強力+安全」なのが次亜塩素酸水です。ウイルスなどの除菌効果は次亜塩素酸水の方が効果が高いという研究結果も出ています。

 

まとめ

この次亜塩素酸水に出会うまで、数々の洗剤を試してきました。分解能力を期待してEM菌も試してみましたが、効果がゆっくりなのでなかなか思ったように使うことができませんでした。次亜塩素酸水はすぐに効果を発揮しますので、手軽に使えて、安全性が高く、除菌効果も高い、そして、大きな悩みだった「臭い」にも絶大な効果を発揮してくれました。ねこも家族の一員、安全に過ごさせてやりたいものです。危険な洗剤を使わずに、快適にねことの生活ができるようになりました。本当に次亜塩素酸水はお勧めです。